LaughLife Official blog.
2004年5月に前身バンド結成。
2006年にGt.JUN-P加入を経て、現在のメンバーになる。2007年8月に待望の初音源『Life is music』をリリース。タワーレコード横浜モアーズ店にて即日売り切れ、そしてJ-POPチャート初登場2位を記録。初の全国ツアーを周り、レコ発ツアーファイナルでは、地元横浜FADでの初のワンマンライブを行い、満員御礼の中(300人動員)大盛況に終わる。
ハッピーなバイブスとグルーブが評判を呼び、自主イベントを開催すれば地方からも根強いファンが集まる等、確実に動員をのばし、話題をさらっている。そんな中、2008年9月10日発売の待望の新作、2nd mini ALBUM『For your life』から「ミナミカゼ」がタワーレコード / タハラ限定の先行シングル発売決定!そして、いよいよ7月21日(海の日)から全国ツアーをスタートし、年末のツアーファイナルでは渋谷Asiaでのライブも決定している。

〜横浜から誕生したクルーが全国へ新たな音楽の波を呼び起こす!〜



RELEASE INFORMATION
Laugh Life
1st SINGLE
「ミナミカゼ」

2008.7.16
JKF-004
¥300-(tax in)

1.ミナミカゼ
2.BIG UP!!
ねこ本

b0155059_23451914.jpg




アロハねこ。 パスポートを持っていて 名前はnihiです。
友達へのお土産です。


ねこが大好きです。


ちゃくちゃくと増えるねこグッズ。

ちゃくちゃくと増えるねこ本。





でも飼ってるのは犬です。







最近 「注文の多い料理店」 て題名を見かけて、

小学校の時クラスの本棚に絵本があったのをものすごく ものすごく ひさびさに思い出しました。



宮沢賢治です。





どんな内容だったか忘れちゃってすごくすごく気になったから小学生ぶりに読んでみました。 


最初のくだりからなにやら惹き付けられて

読んでいくうちにだんだんこんな感じだったなって思い出してすごくわくわく。

大正時代の短編童話なんだけど、今はこんな文の書き方しないし、すごくシュール。

だけどしっかり童話。 ちゃんと想像の楽しみをくれます。

ドキドキして シュールであったかい童話。



注文の多い料理店ってそういうことかーーーー






注文の多い料理店を読んだ後は、同じ短編集にあった1つの題名に ん?って思いました。





「どんぐりと山猫」







なんか知ってる。。  絶対知ってる。。





懐かしい記憶がありそうなのに、蓋が閉まっててあかなくて、こじ開けたいのにーー
開きそうで開かないーーーー


すごくそわそわした気持ちになりました。



早く読みたいけど我慢してゆっくり読んで行くと、もぅ冒頭の部分からトリハダがたちました。

やっぱり知ってる。小学校の時よんだことある!





かなり とても 

ドキドキしながら読み進んで行くうちに もぅすっかり 主人公一郎。


わたくしは 一郎。


山猫の手紙を頼りに 山猫を探して山道を歩いていきます。


でも栗の木や リスや 滝も 山猫の居場所をはっきりは教えてくれません。



あぁヤヴァイ。 小学生のわたくしも ここを読んでたくさん想像をしてたんだ。

ドキドキが止まりそうになかったです。

物語の結末は思い出せば思い出せちゃうそうだから、蓋はわざとしめたまま読み進みました。



この人の童話は 全力ファンタジーなのに、日本的で なんか奇妙で
、でもかわいくて、ちゃんとドキドキさせてくれて、最後は夢の終わりみたいな感覚にさせてくれます。

もぅ終わっちゃった。 もっと夢の中にいたかったのに。


すごく絶妙。 人間の事 きっと知ってるんですね。


表現の仕方が簡潔で シュールさに

文やら言葉やらのいちいちに

ドキドキ そわそわさせられて

文や言葉のいちいちが

かわいくてあったかくなります。


滝がぴーぴー答えました  とか

きのこの楽隊とか

いろんな表現がちょっと変わってて
おもろくてニヤついちゃう。


読む人によってだけど、あたしはそんなふうにこの童話を感じました。



小学生のあたしはこのオハナシが気に入って、授業の課題で、山猫の大好きな場面を大きな絵に描きました。

一生懸命描いたその絵を先生が褒めてくれて、賞をもらって学習センターに飾ってくれたこと思い出しました。すごく嬉しくって、だいたいの絵は捨てちゃったけど、これは長い間おうちに飾ってありました☆☆





オリーブ色の樹に囲まれた 黄金の草原。 そこに立つ 緑色の瞳の山ねこ。







この部分を読んだ瞬間、我慢して閉めてた蓋を一気に開けると、その絵が一瞬で浮かんできました。

黄金の草原の風に わたくしもぶっとばされました。
やまねこのヒゲや毛がさわさわ。 トリハダ。


なんだか感動してしまいました。その景色のきれいさと、思い出に。



読み終わって、ためいきです。 夢が覚めちゃった。
あたしも一郎とおんなじ気持ちです。



あたしもいつか山猫に会ったら、




次は出頭






て書いてもらうようにたのむことにしまーす









あの絵 どこいったのかなー  探してみよーと思います。








今 紅茶の中に 犬毛が入ってました。

しかも長い。

シュール☆





なんだかーー


お絵描きしたい気分です。








KINU
[PR]
by laugh_life | 2009-10-07 00:52